ズバリ!法人カードを持つことのメリットとは

■法人カードを作るメリットや特典は何なのか?

クレジットカードには法人カードというものもありますが、個人的にクレジットカードを持っている人も多い中で、わざわざそれとは別に法人カードを作るメリットや特典には何かあるのでしょうか。もしたいしたことがなければわざわざ法人カードを作るだけの意味はありません。

もちろんメリットも特典もあります。ですから実際には法人カードを作る会社、経営者が増えてきているのです。おそらく一番のメリットはビジネス上の会社のお金の流れが明確になり、しかもそれが早く分かることでしょう。一時的に社員個人が立て替えたりすると、それを精算するという手間が発生しますし、精算されるまでは会社のお金の流れが分からない状態となってしまいます。実際に会社の経理などを行っていると、このようなお金の流れを明確に、しかもタイムリーに把握することのビジネス上のメリットが大きいと分かるはずです。一社員にとってはこれはなかなか理解しがたいかもしれませんが、少なくとも一時的にせよ立て換え払いをするデメリットが回避される点は理解してもらえるでしょう。

一時的にせよ個人が立て替え払いをすると、精算するまでは自分の財布からお金が出て行くことになります。これは個人のクレジットカードを使っている場合も似たようなもので、支払いが若干先延ばしにはなるものの、精算するまでは個人の口座から引き落とされることに違いはありません。会社のお金を使って仕事をすることの多いような社員にとっては、給料に比べて少なからぬお金が一時的にせよ出て行くことになり、割り切れぬ思いをしている人も多いはずです。

一方で精算の手間という点で言えば、たとえ法人カードを利用していたとしてもそれなりの手間は発生するでしょう。つまり、確かにそのカード払いの支出は会社の仕事のために使ったものに間違いありませんということを申告する必要はあると考えられるからです。でないと、本当は個人的な、プライベートな支出なのに法人のカードを使うという野放図なことがまかり通ることになってしまうからです。

なお、法人カード導入の特典として挙げられるのは、法人カードであってもカード利用のポイントがつくことです。個人クレジットカードと同じようにカード利用金額に応じてポイントが貯まり、様々な商品と引き換えることができます。もちろんそのポイントは会社のものと捉えるべきであって、経営者個人が私物化してよいものではないでしょう。

■法人カードは法人口座から振替ができる

多くの法人カードでは、使用の履歴が月次ごとにまとめられます。利用明細をチェックすることにより、何にどれだけお金を使用したのか一目瞭然です。特に社員用のカードも追加で作成した場合、社員の利用明細も把握できるようになります。そのため無駄な経費が使われていないか分かりやすく、節約の取り組みにも役立つことが多いです。請求書での支払いを行っていた取引先がある場合、法人カードによる決済に変更すると良いでしょう。支払いを忘れるなどの、ヒューマンエラーがなくなります。経理部署が細かく請求書を点検するような手間も削減できます。銀行から振り込んでいた場合は、手数料の節約にもなりますし、ATMの利用時間を気にする必要もなくなります。

法人カードを持っていた方が、税務調査がスムーズに行われることが多いです。基本的に、個人用のクレジットカードで法人のための支払いをするのは良くありません。なぜなら個人用のクレジットカードは、法人口座からの振替を行えないからです。個人口座からの振替になるので、プライベートのお金を使用して、法人で使うものを購入していることになります。これは公私混同と見なされ、正しく会計処理が行われていない印象を与えてしまう可能性が高いです。個人事業主であってもプライベートと事業のお金を分けるのは常識となっています。法人であれば法人カードを作成して、法人口座から引き落とせるようにしておいた方が良いでしょう。

■法人カードはプライベートのお金と区別できる

法人カードのメリットにプライベートのお金と明確に区別できることもあります。ある人がカードを使って買い物をしたり、ホテルに泊まったり、あるいは食事やゴルフをしたりするような場合、それは自分の会社の指示・命令としての行動なのか、それとも仕事とは何の関係もなくプライベートの行動なのかを分けて考える必要があります。

会社の指示や命令による利用であればそのお金は会社持ちになりますから、仮に一時的に社員個人が代金を支払ったとしてもそれは立て替えただけに過ぎません。こういう場合はできるだけ速やかに精算をしなければならないと決めている会社がほとんどでしょう。実際にいくら支払ったのか、それは本当に会社の指示・命令として行ったものなのかを確認する意味で、領収書の添付が必要であったり、あるいは上司の確認が必要になっていることも多いでしょう。

ここで、もし法人カードがあれば、カードを使うその時点で会社の経費としての支出なのか、あるいはプライベートの支出なのかを区別することができます。会社にとっては精算されるまで待つことなく、カードが使われたその時点で区別できるというメリットがあります。経理を担当したことのある人なら身を持って経験しているかもしれませんが、精算書の処理というのはなかなかに大変です。時間もかかりますし、そもそもなかなか精算書を提出しない社員もいたりします。精算書が提出されないと、会社のお金としてどれだけ出て行くのかが読めない、計算できないことになるわけです。とくに決算処理前などはイライラさせられることも多いのですが、法人カードがあるとこういうイライラは大きく軽減されるのがメリットです。

ただし、法人カードさえあれば全てがパーフェクトに解決されるというわけでは決してありません。一番分かりやすい例を挙げますと、本当は社員個人のプライベートの支出なのに、間違ってか、あるいは意図的にかは別として法人カードが使われてしまうことも起こりえるからです。こうなると経理は業務負担軽減どころかかえって混乱するようなことも考えられます。社員自身がカードで支払いをする際に、これは家族に買って帰るお土産などのプライベートの支払いなのか、それとも出張で宿泊するホテル代など会社のお金を使っている支払いなのかをはっきりと意識してカードを使い分けることが求められるということになります。

■従業員にETCカードも発行できる

従業員にETCカードを発行できるのも、法人カードの大きなメリットの1つです。営業や商談などで、自動車で高速道路を頻繁に利用するなら、迅速な移動はもちろん、相手方をお待たせしないためにも、ETCカードを利用する企業が増えています。ETCカードを専用のカードリーダーに挿入すれば、料金所の専用レーンを通過するだけで高速料金の決済が完了し、窓口での煩雑なやりとりを大幅に省けるため、時間の短縮へと繋がります。

法人カードにも、ETCカードが付帯したクレジットカードがあり、クレジットカードと一体化したものや、クレジットカードとETCカードが別々に発行されるケースがあります。ETCカードが付帯したクレジットカードを利用すれば、備品などの購入や、高速道路の利用料金などの決済を一本化することができ、経費の管理も容易になります。

今や、クレジットカードにポイント制度が備わっているのは、当たり前ですが、ETCカードが付帯したクレジットカードで見ていくと、備品などの購入でポイントが貯まり、ETCの利用でもポイントが貯まり、さらにそれらのポイントを次の支払いに利用出来るという連鎖で、お得に経費節減にも繋がります。特に移動が多く、高速道路を頻繁に利用するなら、管理の簡素化と、経費節減を両立できる、ETCカード付きの法人カードがおすすめです。

しかし、法人向けのETCカードを検討するのであれば1枚あたりのコストについてしっかりと見ておくことが大切になります。年会費がある場合には条件次第で無料になるケースが少なくありませんのでしっかりと比較検討することが大切です。特に多数の社用車を共通で管理する目的で法人カードを導入する場合などにおいては一つ一つの手数料が大きな金額になる場合もありますのでよりお得な内容について注意して見ておく必要があります。

もしもETCカードだけを目的に法人カードを利用するのであれば年会費無料のサービスを探すようにした方が良いでしょう。管理上非常に便利であると言う法人向けのクレジットカードの仕組みを最大限に活用するためには、なるべくコストがかからないように注意して選択するようにすることが望まれます。規模が小さい場合には細かなコストについてあまり意識しなくても済む場合もありますが、事業規模が大きくなって多数の車を運用するようになると少ない手間でかつ管理することができる仕組みがどうしても必要になってきます。

そのような場合の有効な対処法として法人カードによる法人向けのETCカードというものが存在しているのです。多くの手間をシンプルに纏め上げ、様々な事務コストを低減させることができるという点が大きなポイントであるといえます。

■法人カードはポイントやマイルを貯めれる

法人カードは、一般のクレジットカードと同じように、特典が使える点も魅力です。その他にも、ポイントが貯まる利点があります。貯まったポイントは、マイルに交換することもできますし、様々な景品と交換することができます。景品の種類も豊富であるため、会社の必需品と交換すれば経費の節約につながります。また、マイルで航空券と交換をすれば、出張費も削減できるなどのメリットがあります。

貯まったポイントは金券や電子マネーなどと交換できます。金券は現金と同等の価値があるので、会社の資産として計上することができます。法人カードによって、ポイントの貯まらないカードがあります。会社では毎月100万円近い経費を支払うことがあります。ポイント還元率が0.5%のカードなら、100万円の支払いで5000円の金券と交換できます。できるだけポイントが貯まる法人カードを利用した方がお得だと分かります。

マイルが貯まりやすい法人カードの特徴としては、年会費が高めに設定されていることが多いですが、利用した額によっては、年会費の方が高くつくこともあるので気をつけてください。年会費とマイルの付与率のバランスをしっかり比較して発行会社を選ぶといいでしょう。マイルの交換には手数料がかかる所もあるので、手数料がどのくらいかかるかもしっかり確認するといいでしょう。

また、ポイントやマイルを貯めるのではなく、利用分に応じてキャッシュバックを受けることが出来るカードもあります。キャッシュバックできるカードは利用金額に応じて現金を受け取れます。キャッシュバックで受け取れる現金は、月間の利用金額で還元率が変動するカードがあります。例えば、50万円使うと還元率1.5%、100万円使うと還元率3%になるカードがあります。使う金額が多いほど還元率が高くなってお得です。しかし、キャッシュバックは毎月一定額までと上限が決められていることがほとんどです。ポイントよりも還元率が高いのでお得に感じますが、キャッシュバックの上限を考えるとポイントの方がお得になることもあります。法人カードで毎月いくら支払うか見積もりをして、利用するカードを選びたいです。

■法人カードは付帯保険もついている

法人カードは、付帯保険がついているものが多いです。例えば、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険などです。これは、法人カードを作ると自動的についてくるため、新たに加入する必要はありません。従業員が出張をする機会は多いですが、万が一けがや病気をしてしあった場合でも、保険金を受け取ることができるため安心です。また、持ち物の盗難や破損があった場合も利用することができるなど、活用の幅が広いのも魅力となります。