法人カードでマイルを貯めれば航空券と交換できる

■法人カードとは何か

法人カードはクレジットカードと同じように使うことができますが、主な目的は経費の支払いです。経費とは、事業に必要な商品の仕入れや交通費、通信費や接待費などのことです。これらの支払いに法人カードを使うと、カードの支払い履歴に何に使ったか記録されます。記録されたデータを会計ソフトなどで取り込めば、面倒な経理処理が楽になります。法人カードは追加のカードを発行することができます。複数の社員にカードを持たせることで、経費の支払いを円滑に済ませることができます。

経費処理が楽になるメリットは大きいです。支払い口座を法人名義の口座に設定しておけば、カードの利用額はすべてそちらから引き落とされることになります。いくら使ったのかはすべてオンラインで確認することができますので、管理が手軽になります。また、従業員の立て替え払いで、あとで経費として落とすといった行為を必要としないため、その点も業務効率化に役立っています。追加カードの発行は任意で行えるため、決済をする従業員に持たせる、あるいは、ある程度の職責のある者に持たせるといった活用方法を考えることができます。

会社や個人事業主がクレジットカードを使おうと思ったら、法人カードを利用すると良いです。法人カードは事業目的で使うことができるクレジットカードです。法人カードには会社や個人事業主向けの様々な機能が備わっています。カードの発行は誰でも審査を受けることができます。審査に落ちても、他のカード会社の審査を受けることができるので、諦めずに審査を受けると良いです。

会社や個人事業主がクレジットカードで経費の支払いをしていると、カード会社から注意を受けることがあります。注意を受けても使い続けていると、利用停止になることもあります。クレジットカードを商行為目的で使うことを禁止しているカード会社は多いです。商行為とは、商品の仕入れでカードを使い、その商品を転売して現金を得る行為のことです。例え転売した段階で利益が出ていなくても、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは禁止されています。

クレジットカードは事業活動で使うことができません。事業活動は商品の売買行為などを指します。例えば、クレジットカードを利用して100万円の商品を仕入れ、110万円で転売すれば10万円の利益がでます。利用者のリスクが少なく、クレジットカードのショッピング枠を現金化できます。転売した時に利益が出なくても、ショッピング枠を現金化することは規約で禁止されています。100万円の商品を90万円で売ると、手元に90万円が残り、このままだと10万円損をします。この90万円を事業に使って110万円に増やすと、カード会社の取り立てを差し引き、10万円の利益が出ます。このような行為はカード会社にすぐにバレます。カード会社から注意を受けたり、最悪の場合は利用停止になります。

事業目的でクレジットカードを使う時は法人カードを利用します。法人カードとは、会社や事業主なら誰でも発行してもらえる、事業目的専用のクレジットカードです。法人カードの主な使い方は経費の支払いです。経費とは、仕入れ、移動や運送に必要な交通費、会社の備品、電話やパソコンの通信費など、事業に関わる費用全般を指します。法人カードを使って経費を支払いをすると、使った物が支払い履歴に残ります。カードの使用履歴はクラウド会計ソフトを使ってパソコンに取り込めます。経理担当の仕事を減らすことができるので便利です。

■法人カードはマイルを貯めることができる

法人カードもは、一般カードと同じようにポイントを貯めれるだけでなく、マイルをためることもできます。そのため、経費の支払いをクレジットカードで行っておけば、普通に現金で決済する場合に比べて節約をすることができます。例えば、マイルならば航空券と交換することができるので、従業員の出張に利用することができます。また、ポイントは支払いに充てることができるカードもあります。そして、マイルやポイントの移行も相互にできる場合が多いので、使い道に困ることはありません。個人の節約術としてクレジットカードのポイントプログラムは有名ですが、それは法人カードにも同じように当てはまります。

■法人カードでマイルを貯めてJALやANAの航空券と交換できる

法人カードを使えばマイルが貯まります。マイルは航空会社が提供しているマイレージサービスのポイントです。各航空会社にマイレージサービスがあります。例えば、JALのマイレージサービスで貯まったマイルはJALの航空券と交換できます。JALのマイレージサービスで貯めたマイルは、他の航空会社の航空券と交換できません。マイルの還元率は1%~1.5%が相場です。還元率の高い法人カードを選んで利用するとお得です。JALのマイレージサービスだと、国内線は片道7000マイル、往復12000マイルから交換できます。また、航空券以外にも他サービスの電子マネーやクーポン券などを選ぶこともできます。

法人カードは追加発行で複数のカードを所持できます。特別な社員にカードを持たせておけば、代表者が居なくても経費の支払いを済ませることができます。他にもETC機能が付与されたカードが登場しており、車の移動が多い事業で活躍しています。様々な機能やサービスが備わったカードが登場しているので、事業に合ったカードを見つけて利用したいです。

また、ANAマイレージプログラムのマイルを貯めると、ANAの航空券と交換することができます。ANAの航空券は国内線だと片道5000マイルから交換できます。マイルの貯まり方はカードの還元率によって異なります。還元率の一般的な相場は1%~1.5%です。還元率1%の法人カードで100万円の支払いをすれば、1万マイルがすぐに貯まります。マイルが貯まるカードは出張が多い会社などで使うと交通費の節約が出来てお得です。

■アメックスの法人カードはマイルに交換することも可能

アメックスの法人カードは、マイルに交換することが可能です。そして、マイルは航空券やホテルの宿泊券と交換することができます。一部航空会社のマイルを貯めるためには登録と一定額の支払いが必要ですが、決済額が多く、また、航空機や宿泊施設の利用が年間で多い場合は、登録をしておいた方がお得です。

そして、アメックスの法人カードは、メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば、ポイントの移行率が優遇されます。具体的には、航空会社のマイルの場合、2000ポイントで1000のところが、1000ポイントで1000となります。実に2倍になります。加入するには年間3000円と消費税がかかりますが、前述のように利用する機会が多いなら、十分もとをとることができます。これは、次年度以降自動更新となります。

また、マイルに交換しなくても、アメックスの法人カードで貯まるポイントは、色々な商品と交換することができるため魅力的です。通常のクレジットカードと交換できる商品は異なりませんが、ビジネス向けの商品も用意されているため、交換先に困ることはありません。例えば、ビジネス誌の購読、タブレット端末、名刺ホルダーなどは、ビジネスの現場でも利用することができます。

その他、貯まったポイントは支払いに充当させることができます。メンバーシップ・リワード・プラスに登録している方は、アメックスのサイトであれば1円、日本旅行の対象店舗では0.8円で利用できます。旅行以外の支払いについては、0.5円となります。そのため、交換するものがないといった場合でも、ポイントを有効活用することができます。それにより、経費を節約することも可能です。

その他、レストランやゴルフ場を優待で利用することができるなどの特典があります。直接的にはビジネス用途ではないと感じるかもしれませんが、接待をする機会はビジネスでは多いです。そういった時にこの特典は真価を発揮します。対象となっている施設は、どれもグレードが高いところになっているため、接待で相手を満足させることができます。なおかつ、通常料金よりも安く利用できるので、経費の負担も軽くなるというメリットを享受できます。

以上のように、アメックスの法人カードは、メリットの大きいカードです。上記に挙げた点以外も、単純に経理の手間を省くことができるといった利点もあります。法人カードとして優れているため、選んでも後悔しない1枚といえます。

■マイルを貯めて海外に行くなら海外旅行保険が付帯されている法人カードが安心

クレジットカードを選ぶ場合は、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを選ぶと、海外旅行などでトラブルにあった時に便利です。海外で病気や事故にあった時は入院費や通院費を補償してくれたり、手術費を補償してくれるので、万が一の時のために海外旅行傷害保険に入っていると安心です。

法人カードでも一般のクレジットカードと同じように、海外旅行傷害保険が付帯されているものもあります。海外への出張が多い人にとっては、法人カードに付帯されているととても安心です。海外旅行傷害保険は法人カードによっては、自動付帯の場合と利用付帯の場合があります。

自動付帯なら何も手続きしなくても補償は受けられますが、利用付帯の場合は海外旅行の代金や交通機関の代金を法人カードで支払わないと補償が受けれません。カードによっては補償期間が決まっているものや、一年に何度でも使えるものなどがあるので、契約する時にしっかりと確認することが大事です。

法人カードンの海外旅行傷害保険は、年会費によって補償も多きく変わってきます。年会費が無料の場合は、死亡や後遺症のみの補償になり、入院費や通院費の補償がないケースもあります。しっかり補償を受けたいなら、年会費が有料の法人カードを利用するといいでしょう、

仕事で海外に頻繁にいくというビジネスマンは、渡航便遅延保険が付帯されている法人カードを利用するといいでしょう。台風や大雪、強風などで飛行機が4時間以上遅れた時に、ホテル代や食事代などを補償してくれます。航空会社の整備ミスや航空会社に荷物を無くされた時などにも適用されるので、いざという時にはとても大切です。ただし遅延にかかった費用のみにしか補償はされず、航空券は補償されないので注意が必要です。

法人の経営者が海外に旅行にいく場合、家族特約がついている法人カードなら、家族も保険の対象になります。旅行先でクレジットカードを盗まれたり紛失してしまうこともありますが、あわてずにすぐにクレジットカードの発行会社に連絡をしてカードの利用を止めてもらってください。

クレジットカードには、盗難や紛失保険が自動付帯されているので、落ち着いて情報を発行会社の担当者に伝えることが大事です。ただし発行会社に連絡しただけでは、補償は受けられないので、警察にも届をだして受理番号を教えてもらうといいでしょう。受理番号をクレジットカードの発行会社に伝えると、ようやく補償を受けられます。

■マイルを貯めれて海外旅行保険も付帯のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードは好みでポイントかマイルどちらを貯めるか選ぶことができます。手厚い海外旅行保険も付帯しているため、マイルを貯めて海外旅行に行くのに最適なカードです。

他にも優れている点は、業績申告をカード申し込みの際にする必要がないため、起業1年目でも申し込める点です。多くの法人向けカードを発行するカード会社は、これを提出され、その企業の信用をしっかりとみられるため、なかなか実績のない企業で発行してもらうことはできませんが、これならなそういった心配はありませんので、新しい会社であっても作成することができます。

そして、ポイントの点についても、永久不滅ポイントが貯まるため、利用期限を気にする必要は一切ありません。たいていのクレジットカード会社は、貯まってもそれを使う期限がありますので、失念していると失効してしまい、せっかくたまったポイントを有効利用することができなくなってしまいますが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合はそれがありません。その他、優待プログラムも充実していますし、専用コールセンターを24時間365日利用できるなど、安心面もしっかりとしています。そのため、法人カードとしてはおすすめの一枚です。