個人事業主におすすめの法人カード

■法人カードは個人事業主にメリットが多くおすすめ

事業をする上で毎日のように必要な打ち合わせでの食事代や宿泊代などはその都度払ったものを経理上あとで精算したりして決済に手間が掛かるものですが、法人カードを作ればすべてその一つのカードで決済できる形になり大変に得です。特にメリットが多いのが個人事業主の人で、個人でやっていますと自分以外に精算や払い込みの作業をやってくれる人はいないわけですが、いろいろな人や会社と事業を行ないますとその相手によって支払いの形が違ったりしましてとても時間も掛かります。

ですので個人事業主の人も個人としてのクレジットカードではなく法人カードを作って利用すればいいわけですが、銀行によっては法人のみとか株式会社のみと規定しているところもあります。しかし大手銀行系列のカード会社では法人カードを個人事業主にも認めていますのでおすすめです。このカードを利用できますといろいろな事務作業から解放されとても便利になります。

そこでここの入会申込書を見ますと法人について設立の年月や資本金、平均月商や直近2年間の経常利益を書くのが必至です。これが法人カードを発行する審査基準になるというわけですが、よって個人事業主の人もこれに充当するものを書く必要があります。一年ではなく複数年個人事業を続けてきて一定の年商や利益を得ていることが必須となると考えられます。実はここの法人カードは申込資格として法人なら黒字決算であることが必須条件となっていますので、個人で事業をしている場合でもそれにあたることが必然になります。なお支払い口座は団体名であることが必要ですので個人名ではなく団体名義の口座を作ります。

さてこの法人カードは決済の便利化以外にもたくさんのメリットがあります。まずはポイント制です。利用額が1000円ごとにポイントが貯まり商品と換えられますので個人で仕事をしている人の範囲の額でもポイントが貯まっていきます。次にETCです。個人事業主の人は仕事の上で自分で車を運転して移動することが多いと考えられますが、このカードを持っていますとETCマークがある道路はそのまま通過できます。通行する時間などによってはさらに割引にもなります。そして補償制度です。仕事の上でインターネット上で取引することも多くなりますが、もし仮りにカードが不正に使用されたりしましても補償がされます。

■個人事業主におすすめ三井住友銀行の法人カード

個人事業主の人も法人カードを作ると便利ですが、その一番のメリットは会計処理が一本化されることです。個人事業主の人は自分以外に経理の事務作業をしてくれる人はいませんので支払いや振り込みなどの金銭面の作業も自分が全部やらなければなりませんが、その相手方や取引先は通常それぞれに決まった金融機関を窓口にしていますので、書類を別々に持ち込んだりしなくてはいけませんし書類の形式も異なります。

そもそも個別に手数料が掛かったりしてはそれだけでも大変な出費です。しかしもし法人カードを作っていてそれで決済するようにしますと窓口はすべてその銀行あるいは系列のカード会社一つになるわけですのでとても効率がよくメリットも多いです。ですから個人事業主の人は法人カードを使えるようにできると得になります。

その中でも三井住友銀行は非常に安定した経営で安心ですので、三井住友銀行の法人カードを作れるとよいのですが、現在のところ三井住友銀行は個人事業主の人を法人カードの対象にしていません。それとは別のいわゆる一般的なクレジットカードである三井住友カードの入会申込書を見ますと現在の勤め先を書く欄の注釈として所得が事業所得のみの個人事業主の書き方が別に示されています。つまり個人事業主の人はこの一般的な個人用のクレジットカードを申し込むことになっているのがわかります。

さてその欄での注釈とは当期業績の見込み額を書くようになっていることなどです。もし会社員等の勤め人の人は勤め先を書くわけですが、その場合は勤め先の資本金や従業員数や入社年月を記します。これはクレジットカード発行の審査の基準になりますので、個人で事業をしている人はこれに充当するものが必要になります。逆に言いますと個人で事業をやっていてもその点がしっかりしていれば三井住友銀行のクレジットカードを発行してもらえるわけです。なおこのクレジットカードにもしキャッシング枠を合わせて希望するとしますとその場合は年収を証明する書類を出さなければなりませんので、個人事業の人もそれにあたるものが不可欠となります。

申込書にはこのほかに、もしカードが発行されたら各種料金をこのカードで払うことを希望しますかということを選択する欄がありまして、それは例えば電気料金やガス料金などです。なのでこの点を届けますとカードの審査上有利になることが考えられます。これは逆に、以前から三井住友銀行で公共料金の引き落としを行なっていたり長く普通預金口座を利用し続けているような場合は有利になるということを指します。

個人事業主の人が三井住友銀行のクレジットカードを使って最も頼りになると思われるのが動産総合保険です。購入した商品の破損などが90日も補償されます。

■UC法人カード ゴールドも個人事業主におすすめの1枚

個人事業主におすすめの法人カードと言えば「UC法人カード ゴールド」があります。実際に多くの方が利用しているクレジットカードですが、特徴といったものまで深く理解している人はいないと思うのです。詳しく理解しないで利用してしまう、というのは非常に危険なことでもあります。個人事業主必見のUC法人カード ゴールドを詳しくお話します。法人カードを探している、という方は必見です。

まずUC法人カード ゴールドで注目をしていきたいのが年会費ですね。年会費をしっかりと理解することから始めてみましょう。UC法人カード ゴールドの年会費ですが、10,800円の設定となっています。法人系のゴールドカードとしてはまずまずの金額です。高額でもなければ、低額でもありません。いくらゴールドカードとは言え、高額すぎるのも嫌ですよね。一方で安すぎるのも問題があると感じてしまうわけです。

UC法人カード ゴールドの10,800円という年会費は特に大きな問題はありません。安くもなければ高くもありません。支払いやすい価格帯、と言っても良いかもしれません。ただ、一つだけ残念なのが、初年度年会費と言うものが用意されていない、という部分です。初年度年会費がかからない設定だとお試し利用的なものが出来るのですが、それは出来ません。最初から年会費がかかってきます。

次に、UC法人カード ゴールドのラウンジサービスとゴールドライン東京・海外個人旅行デスクについてお話します。

ラウンジサービスとゴールドライン東京・海外個人旅行デスクですが、まずはラウンジサービスについてお話させてもらいます。そのラウンジサービスですが、国内の主要空港のラウンジが無料利用できます。国内から海外に行く時に、ラウンジでまったりと過ごして、リラックスした状態で海外へ迎えるわけです。ちなみに、国内のラウンジだけ無料なのではありません。実はハワイのホノルル国際空港の空港ラウンジも無料で利用できる、といったメリットが有るのです。ハワイへ旅行する機会が多い、という方におすすめのカードです。

ゴールドライン東京・海外個人旅行デスクにも注目をしておきましょう。こちらのサービスですが、海外旅行先の現地情報の提供をしてくれます。さらに航空チケットやホテルをお得な料金で予約してもらえます。しっかりと活用してオトクな旅行を楽しみましょう。

次に注目したいのが旅行保険とショピング補償です。いわゆる保険サービスなのですが、ゴールドカードということもあって期待している方も多いのではありませんか。

旅行保険が充実していれば、旅行をするときや出張をした時にもしものことがあっても安心です。ショッピング補償がしっかりとされている、という部分にも注目です。大きな買い物をしても、もしもの場合は補償してくれるサービスです。今回はその二つの保険サービスについて詳しく解説します。

UC法人カード ゴールドの旅行保険とショッピング補償ですが、まずは旅行保険です。海外旅行保険ですが最高5,000万円となっており、嬉しいことに自動付帯となっているのです。旅行代金をカードで支払うような必要はありません。一方で最高5,000万円の国内旅行保険も付帯しています。こちらは利用付となっていますが、旅行位代金を支払えばしっかりと付帯してくれるので安心でしょう。

ショッピング補償に関しては、海外だけではなく国内も対象となっています。300万円までであれば、購入日から90日間保証されているので、もしものときにも対応してもらえます。買い物で失敗した経験がある方はUC法人カード ゴールドの利用を検討しましょう。

個人事業主の方の中には法人カードでたくさんのポイントをゲットしたい、といった気持ちもあるのではありませんか。獲得したポイントで社員の福利厚生を充実させる、といったことも重要になってくるわけです。
しかし、法人カードのポイント還元率は基本的にそれほど高くない、といった特徴があります。ですから、あまり期待は出来ません。

ここからUC法人カード ゴールドのポイント還元率はどのような設定になっているのか、ということを明らかにします。ポイントが貯まりやすい設定となっているのでしょうか。それともポイントがたまりにくい設定となっているのでしょうか。確認してみましょう。

UC法人カード ゴールドのポイント還元率ですが、0.5%の設定となっています。一般の個人カードと比較すると、ポイント還元率が低いように感じてしまうかもしれません。しかし、法人カードの中ではそのポイント還元率は低いとはいえません。まずまずの設定となっているのです。そもそも法人カードは年間で100万円や200万円利用する、ということも珍しいわけではありません。

仮に年間200万円利用してポイント還元率が0.5%なら、年間で10,000円分のポイントが貯まる、ということになるわけですよね。10年間で10万円のポイント獲得も夢ではありません。

UC法人カード ゴールドの優待サービスはどうでしょうか。ゴールドカードは一般のカードとは違って、様々な優待サービスが付いていますよね。その優待サービスを利用して、お得なクレジットカード生活を贈りたい、と思っている方も多いのではありませんか。UC法人カード ゴールドには、果たしてどんな優待サービスが用意されているのでしょうか。確認をしてみましょう。

UC法人カード ゴールドの優待サービスですが、多岐にわたります。さすがゴールドカードといっても良いかもしれません。しっかりと活用することができれば、年会費の10,800円分もすぐに取り戻せるはずです。

そのUC法人カード ゴールドの優待サービスですが、Visaビジネスオファーといったものがあるのです。ビジネスニーズに合わせたビジネス消耗品の調達ができます。さらに会議室の利用サービスも活用出来るわけです。個人事業主の場合は、ビジネスに関する何かしらのメリットがクレジットカードにほしい、と思っていますよね。UC法人カード ゴールドであれば、Visaビジネスオファーがついてくるので圧倒的に仕事がしやすくなるわけです。

他にも一般的なカードの優待として食事系の優待サービスや旅行系の優待サービスもしっかりとついてきますよ。

個人事業主の方の中には、法人カードの国際ブランドを気にする、というかたも多いのではありませんか。国際ブランドに関しては事前にしっかりとチェックしておくべきです。やはり使い勝手という綿では国際ブランドにかなり左右されるのも事実です。特に海外利用を考えている方は、海外で利用しやすい国際ブランドのカードを選択していかなければなりません。

UC法人カード ゴールドの国際ブランドは2つあります。VISAとMasterCard(マスターカード)のどちらかを選択することになるわけです。どちらのカードであっても海外で利用しやすいので、その点は安心してください。カードのシェアを争っている二つなのです。多くの店舗では、VISA、MasterCard(マスターカード)の両方に対応しています。2つのカードブランドが利用できるところが多くなっているわけです。

ちなみに、残念ながらVISA、MasterCard(マスターカード)にはステータス性はありません。ステータス性が欲しい場合には、アメックスやダイナース系の法人カードを探しましょう。