ゴールドの法人カードの魅力を解説

■ゴールドの法人カードは保険など特典満載

買い物の支払いにはクレジットカードが便利です。しかし個人用のクレジットカードをビジネス用途で使うと、カード会社から怒られる可能性があります。例えば、個人用のカードで、会社の備品を購入したり、出張費の支払いにガンガン使っていたりと、ビジネス用途にカードを使っていることがバレると、カード会社に注意されます。最悪の場合、カードの利用ができなくなったりします。ビジネスでクレジットカードを使いたいなら、法人カードを作る必要があります。法人カードはビジネス用途で使えるクレジットカードで、個人ではなく会社に対して発行されるカードです。引き落とし口座も会社名義のものになります。

法人カードは、ビジネス用途の決済に使えることの他にも様々なメリットがあります。まず、私的な支払いとビジネスでの経費の区別をつけられることがあげられます。ビジネス用途での支払いは全部法人カードで払っておけば、それは全部仕事上の経費だと分かるので、あとから経理担当者が記帳するとき楽になります。

またカード決済は必ず支払いが電子データとして残ります。会計ソフトなどを使って経理をしている会社などの場合、その電子データをそのままソフトに移転して使える場合もあり、そうなると経理がグッと楽になる場合もあります。

法人カードを利用するとどの部署のスタッフが利用したのか分かるシステムとなっています。クレジットカード会社から郵送される利用明細書には細かいデータが全て記載されているので、データを手入力するよりもかなり楽に事務作業が可能となります。クレジットカード会社のお客様サービスセンターに電話をすれば購入した時間なども全て分かるシステムとなっています。

法人カードは社長だけでなく社員も使えます。複数枚発行してもらって、それぞれの社員に持たせておいて出張などの支払いに使わせることができます。それだと社員にとりあえず立て替えてもらって、後から精算するというような面倒な作業も不要になります。

個人向けクレジットカードのように法人カードにも一般カードやゴールドカード、プラチナカードなどの種類があります。一般カードはだいたい年会費が無料か数千円程度、ゴールドカードは年会費が1万から3万円くらい、プラチナはそれ以上という感じになっています。ゴールドカードなど、年会費が高めのカードだと色々な付随サービス特典がついてきます。

たとえば海外旅行保険・国内旅行保険・買物保険や空港ラウンジの利用などが可能になりますし、他にも各社様々な特典を設けています。法人カードというだけあって、ビジネス上の特典が多いです。ホテルや航空機の手配をサポートしてくれたり、空港で手荷物を運んでくれたり、海外用の携帯電話を優待料金で利用できたりします。他にも、経営相談をサービスしているようなカード会社もあります。3万円くらいの年会費なら、すぐに元が取れる場合が多いので、法人カードは作っておいて損はありません。

■法人カードでもゴールドカードはおすすめで空港ラウンジサービスが無料になります

全ての法人にゴールドカードはおすすめなのですが特に海外の企業と取引をしている企業にはおすすめです。クレジットカードには通常有料となる空港ラウンジのサービスが、クレジットカードを利用するとかなりリーズナブルな価格で利用する事が可能となります。特にゴールドカードを利用している場合には全てのサービスが無料となります。そのことは法人カードの場合でも全く同じです。

■法人カードのゴールドカードはポイントも貯まりやすい

法人カードの場合でも個人向けのクレジットカードと同じ様にポイントサービスが付いています。ショッピング利用可能額の範囲内で利用する事が可能となります。1000円程度利用すればクレジット会社のポイントが10円程度付与されます。ゴールドカードを場合には倍近いポイントが付与されます。信販会社にもよりますが、優待店などで購入した場合には特別ポイントが付与される場合もあります。

その他にも法人で利用したガソリン代や高速料金などの経費などの利用でもポイントが付与されます。ゴールドカードの場合年会費が10000円程度かかりますが、ポイントをうまく利用すると年間にして20000円程度のポイントが付与されるので、かなりお得になります。貯めたポイントの利用方法ですが、クレジットカード会社が指定した商品に交換したり、クレジットカード代金の返済に充てることもできます。どちらもインターネットの公式サイトや、クレジットカード会社のお客様サービスセンターに電話をすればすぐに手続きを開始してもらえます。商品に交換依頼した場合二週間程度で商品が手元に届きます。

■三井住友ビジネスゴールドカードはおすすめの1枚

三井住友銀行系列のクレジットカードには通常のクレジットカード以外にもゴールドカードがあります。個人向けに発行しているのはもちろんですが、法人カードの中にもゴールドカードがあります。

三井住友銀行系列のカード会社が発行する法人カードの特徴ですが、個人向けのカードとほとんど同じようにポイントサービスが提供されています。貯まったポイントは法人が好む商品を購入する事が可能です。ポイントを商品に交換するだけでなく、法人カードや三井住友銀行が法人に対して発行しているクレジットカードの支払いにあてる事も可能です。

三井住友銀行系列の法人カードには支払いの明細にかなり詳しい情報が記載されているので、経理もかなり楽になります。

こちらのゴールドカードは通常のクレジットカードと比べてポイントの付与がかなり高いです。法人カードの使い方にもよりますが、通常の三井住友銀行系列のクレジットカードを利用すると1000円程度の利用につき10円程度のポイントが付与されますが、ゴールドカードを利用すると倍近いポイントが付与されます。三井住友銀行系列の優待店などで買い物をすると、通常のクレジットカードよりも倍近いポイントがとなります。

こちらのゴールドカードを発行してもらい際にも三井住友銀行が指定する審査が必要となります。個人向けではないので職場への在籍確認の電話はありません。その代わりクレジットカード会社が指定する信用情報登録機関からの信用情報がかなり大切になります。

信用情報登録機関には過去のクレジット履歴が全て記載されています。遅延や延滞などの未払いに関するかなりネガティヴな信用情報がある場合にはクレジット会社はゴールドカードはもちろんですが、法人カードの発行も慎重になります。そのような場合だと個人向けのカードと同じように信用情報登録機関から未払いなどのネガティヴな信用情報が削除されるまで待つ必要があります。

個人向けだと信用情報登録機関から未 払い情報が削除された後に申請した場合、何も情報がないとクレジット会社は怪しみ、カードの発行を渋る場合があります。しかし法人カードの依頼の場合には個人事業主でない限り信用は付きやすい傾向がかなり強いので、比較的すぐに法人カードが発行されます。そしてそちらのカードを順調に使用していたら、個人向け以上に早くゴールドカードになる可能性が高いのも法人のかなり大きな特徴となります。

■法人カードにおいてもアメックスのゴールドカードがおすすめな理由

法人カードとは個人で持つカードとは異なり、会社における経費などの支払いを行うためのクレジットカードです。審査や限度額などの基準は法人向けに設けられたものであり、個人向けのカードとは異っています。法人カードは会社の規模に関わらず、個人事業主であっても作成することが出来ます。昨今ではサラリーマンでも作成できる法人カードが登場し、非常に役立てられています。

例えば会社の都合で海外への出張が多い場合、個人向けのクレジットカードを使用すると自分の口座から引き落とされてしまうため、経費の計算が非常にややこしくなります。法人カードを使用することで現金の持ち合わせが無くても、安心して海外での業務に臨めます。

そもそも、個人向けのクレジットカードでは法人の利用を禁止しているケースも多く、その点でも法人向けのカードの重要性がよく分かります。それだけでなく、法人カードを電子マネーで使用すると、使用した履歴がカードの中に保存されていきます。このデータを活用することによって、業務を大幅に効率化することが可能となります。さらにクラウド会計ソフトなどと連携させるとほとんどの会計業務が自動化されます。これは企業にとって人件費の削減及び、人為的なミスを抑制することにも繋がります。

個人向けのクレジットカードでは契約者当人のみが使用する前提となっていますが、法人カードでは社長だけで無く社員にも使わせることが可能です。これによって、会計を合算する手間が省けるのも嬉しいポイントです。特にETCや備品などの細かい出費において面倒な合算業務が無くなるのは、非常に効率的と言えます。法人カードの選び方としては使いやすさとステータスの両面が重要となります。

それを踏まえておすすめなのがアメックスのビジネスゴールドカードです。言わずと知れたアメックスが誇る人気のゴールドカードであり、その知名度からステータスの優秀さは世界中から認められています。ビジネスカードとしてアメリカン・エキスプレス・カードを利用したい、といった希望を持っている方も多いのではありませんか。アメックスカードは憧れの存在でもあるわけです。ステータス性のあるクレジットカードなので、実際に利用している方もすくなくありません。

アメックスのゴールドカードの特徴はそれだけで無く、充実したサービスも大きな魅力となっています。例えば空港と自宅間で手荷物を配送してくれるサービスが付帯しています。これにより、何かと荷物の多い出張を快適にしてくれます。他にも空港ラウンジの利用、海外主張を支えてくれる日本語での電話サービス、提携会社タクシーのチャーターなど、もはや挙げ始めるとキリがない程サービスが行き届いています。小規模な会社でも審査に通りやすいのも魅力です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、実は審査に比較的通りやすい、とされているのです。審査に突破しやすい法人系のアメックスカードを利用したい、と思っている方は必見です。アメックスビジネスゴールドの審査は申込者個人の信用がメインであり、法人の信用というものはあまり問われません。申込者本人の信用情報に問題がなければOKとされているわけです。申し込み者本人の信用に問題があるのは大きな痛手となってしまいかねませんが、業歴等は問われにくい、と言うわけです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの年会費は26,000円+消費税となっています。アメックスの法人カードなので仕方がない、と言っても良いかもしれません。26,000円の設定となっているので、ちょっと高めとなってしまいます。その代わりステータス性は高いカードでもあるのです。

■法人カードの支払いは計画的に

このようにお得なゴールドカードですが一つだけ注意しておく事があります。法人カードであっても支払いをきちんと行う必要があるのは個人向けの場合と同じです。個人向けの場合だと支払いに遅れが出ると督促をしたり、強制解約をしたりしますが法人の場合も同じになります。どうしても支払いができない時には金融機関のカスタマーサービスセンターに連絡していつまでにどれくらいの額の支払えるのが可能か伝える必要があります。その支払いさえも守らないと、金融機関は強制解約となるので、支払いの約束は必ず守らないといけません。

法人カードでもクレジットには間違いありません。そのため支払いには十分に注意する必要があります。万が一支払いに関する約束が守らなかった場合には、利用可能額の削減や強制解約などの手段に出る場合があるので、信販会社や消費者金融との支払いに関する約束は守らないと、後々大変な事になります。